FC2ブログ
「あぁ、いいわそれ」的な...
自己満足万歳!シュールギャグからシニカルギャグまで、ネットで話題の『ゆるい世界』へようこそ。Tシャツもありますよ!
EL Wasp!!(死闘の章)
先日スズメバチとの遭遇をお送りした。
意外にみなさんが感心あるようなので
『シロクマンvsオオスズメバチ初夏の攻防戦』
を正規ページとして掲載します。

<まえおき>
これから綴られる物語はノンフィクションであり
遭遇に際しての記憶、記載には一切誇大表現はありません。

前回は自分の腹にオオスズメバチがとまり、唯一の武器
「アースジェット」を手に、敵をたおす段取りの確認
まで書いた。
その段取りとは....。
1)ヤツの不意をつきマッハの早さで床に振り払う。
2)即座にその場を離れ、敵の動向をつぶさに確認できる
  場所まで退避する(ヤツの明るい方に向かう習性として
  窓に行く事を予測)
3)ドリフ時代の志村のごとく『抜き足差し足』でヤツの
  背後に忍び寄る。ヤツはパニックに陥り、バンバンと
  窓にぶつかり外に逃げようとする。
4)やっつける。
5)勝ち誇り、しばしの平和を頭に描く。

段取りに従い、平静をどうにか保ちながら作戦を遂行。
4)までは順調だった....志村ウォークも完璧。しかし
アースジェットを吹きかけられ、苦しみもがくヤツは
まっすぐにオレの方へ。

『誤算』

苦しみもがくヤツ、顔をゆがめ逃げ惑うオレ....。
ゴジラの映画の『逃げ惑う市民』のオーディションなら
一発合格だろう。
階段を下り(2階なので)いつでもドアを閉めれるように
待機する。今思えばそこでドアを閉めて閉じ込め、
自分の部屋でカラムーチョ(ビッグサイズ)でも喰いながら
絶命するのを待ってりゃ良かったんだがそこはオレもパニック。
変に闘争心丸出しで戦場に留まった。

『飛んでる羽音』が『床でもがく羽音』に変わる。
勝利は近い....確認作業に移る、恐る恐る階段を昇り羽音を
頼りに黄色と黒を探す。

いた

ヤツは床に伏し、グルグルとその場で回っている。
尋常じゃない手汗にその時初めて気付いた

勝った....。

そのあと撮った写真が先日の回にアップしたもので
左側の普通のスズメバチは昨年に闘ったヤツ。
『昨日の敵は今日の友』資料として保管していた。

翌日の夜、オオスズメバチの亡骸を自分の部屋に
持ってきてイラスト化しようと激間近で観察
(推定距離10センチ)マジマジと見ていた時.....

ニョキっと針が出た....『え?』

それも何度も何度も!
腹がピクピク動き出す!

『コイツ生きてやがったっ!!!』

再度パニック、座っていたイスからひっくり返りそうになる。
驚異的な生命力!近くにあった小さいタッパーをかぶせた
その時の画像がこれ
20060601003446.jpg

尻から『ハリ』が出ているのがお分かりだろうか....

その後、そのまた翌日まで生きていた。

多分コイツはこの時期からして『越冬した女王蜂』と
思われる。女王蜂は働き蜂と違って防御に力点を置き、
獰猛な働き蜂よりは攻撃性は無い。とは言っても相手は
ヒグマをも死に至らしめる『最強昆虫」
この時期に退治しておかないと1ヶ月後には大量の死神たちを
産卵してしまう。オレが『殺る』と決心した理由が分かって
いただけただろうか。

『あとでエラい目に遭う』ということ

そんな殺し屋でも『スタイル』は抜群!
闘った相手とし、尊敬の念を込め、イラストにした。
いろんな方面で使用していこうとおもう。

初めてこんな長文を書いた、最後まで読んでいただき
ありがとうございました。ご感想お待ちしています。

20060601003531.jpg



あっ、ちなみに死闘の相手の大きさ。
触覚ヌキで頭から尻までで

43ミリありました。
スポンサーサイト